プラセンタの種類【豚・馬・羊・人】一番効果的なプラセンタは?

プラセンタの種類【豚・馬・羊・人】一番効果的なプラセンタは?
≪プラセンタの種類≫
・ヒト由来⇒医薬品のみ(プラセンタ注射など)
近年は、美容クリニックでプラセンタ注射が気軽に出来るようになりました
(ラエンネックやメルスモン)価格や通院時間、献血ができないなどを考えると、
継続するのは大変だと思います。
毎日続けやすいサプリメントやドリンクなどで、摂取するほうが手軽です
・豚由来⇒サプリメント、化粧品
①高品質の原料を安定的に入手できる
②50倍濃縮が実現可能だったから
③実感値が高い
豚由来ならSPF豚のプラセンタを選びましょう
SPF豚とは、健康に悪影響を及ぼす特定の病原菌を持たないように育てられた豚のことで、日本国内の農場でSPF認定豚を育てられるのはわずかに4%。酪農先進国のデンマークは、飼育環境が国際的に見ても高水準にあり、このSPF豚を育てる基準をほとんどの農場が満たしていると言われています。
他にもデンマークでは、生産者、飼料、健康な血統かどうかまで遡ることができるトレーサビリティ制度がある他、農薬・重金属・ホルモン・抗生物質などの残留物質の心配ないことを記す衛生証明書を政府が発行するなど、徹底した品質管理が行われています。

・馬由来⇒サプリメント、化粧品

・羊由来⇒サプリメント、化粧品

・植物由来(胎座)⇒サプリメント、化粧品(成長因子含まない)
メロンなどの植物から採取されたプラセンタが有名

・海洋性由来(卵巣膜)⇒サプリメント、化粧品(成長因子含まない)

プラセンタ100 COREの原料となるプラセンタは、SPF豚と同等の基準で飼育管理された、
デンマークの豚由来プラセンタを使用

食用なので品質管理も厳格に行われています。

 

高濃度プラセンタ100コア公式サイトお試し500円はこちら